本文へジャンプします。

【重要なお知らせ】サービス統合に基づくサービス名称の読み替えのお願い(2024年4月1日)

2024年4月1日をもって、「ニフクラ」は、「FJcloud-V」に統合し、名称を変更しました。
当サイトのアドレス(ドメイン名)に含まれる「nifcloud.com」は現時点では変更はございませんが、
各ページに記載の「ニフクラ」「NIFCLOUD」「nifcloud」は、「FJcloud-V」に読み替えていただきますようお願いいたします。

ニフクラ ユーザーガイド

IPアドレス

ニフクラ IPアドレスの仕様を紹介いたします。

基本仕様
プライベート側 グローバル側
IPアドレス数 1サーバーあたり1個※1 1サーバーあたり1個※2
IPアドレス設定 固定
付替
-
固定
付替
IPアドレスを利用しない
ネットワーク 共用
独立(「プライベートLAN」設定)
-

※1 追加NICを設定すると、1サーバーあたりのIPアドレス上限を拡張することが可能です。追加NIC設定時の上限数については、クラウド技術仕様/制限値(コンピューティング:追加NIC)をご確認ください。
※2 マルチIPアドレスを設定すると、1サーバーあたりのIPアドレス上限を拡張することが可能です。マルチIPアドレス設定時の上限数については、クラウド技術仕様/制限値(マルチIPアドレス)をご確認ください。

「付替IP」について
  • プライベート側、グローバル側それぞれゾーンごとに20個まで購入可能です。
  • ゾーンをまたいだIPアドレスの設定はできません。
  • 付替IPに対しての逆引きレコードの設定は、コントロールパネルより、申請いただけます。詳細はDNS逆引き設定についてをご確認ください。
  • サーバー起動・停止に関わらず、設定・解除することができます。
  • 付替IP解除時は、設定前のIPに戻ります。
  • オートスケールではIPアドレスの設定ができません。
  • 起動中のサーバーでIPの付替/解除をする際は、必ずサーバーの再起動が発生します。
    停止中のサーバーでIPの付替/解除をする際にサーバーを再起動させたくない場合は、再起動しないを選択して設定を行ってください。ただし、サーバー停止中であっても再起動が必要になる場合があるため、下記ページをご確認ください。
    クラウド操作方法ガイド(コンピューティング:サーバーに設定する・サーバーから解除する)
「IPアドレスを利用しない」設定について
  • IPアドレスを利用しない場合、ロードバランサーに組み込むことができません。
  • IPアドレスを利用しない場合、インターネットからのアクセスは遮断されます。
    サーバーにアクセスするためには、コンソールを使用するか、別のサーバーからプライベートネットワーク経由でアクセスする必要があります。
  • 「IPアドレスを利用しない」設定をご利用いただくことで、「減額オプション」が適用されます。
「動的IP」について
「ネットワーク設定の割当方法」について
  • グローバル/プライベートネットワーク利用時、ニフクラのDHCPサーバーからIPアドレスが割り当てられます。
  • グローバルネットワーク利用時、ニフクラのDHCPサーバーからデフォルトゲートウェイアドレスが割り当てられます。
「追加NIC」について
付替IPアドレス制限事項
  • グローバルIPアドレス関連

    ロードバランサーに設定されたサーバー ・IP付替/設定変更不可(付替IPのついたサーバーのロードバランサーへの追加は可能)
     
  • プライベートIPアドレス関連

    プライベートLAN(旧)設定されたゾーンにあるサーバー ・付替IP設定不可
    プライベートLAN設定されたサーバー ・付替IP設定不可
    付替IP設定済のサーバーがあるゾーン ・プライベートLAN設定不可
サーバーが利用するグローバルIPアドレス帯について

ニフクラのサーバーに払い出されるグローバルIPアドレス帯はip_ranges.jsonのとおりです。

IPv6 アドレスの割り当て
  • サーバーへの IPv6 アドレスの割り当て可否について以下になります。

    ネットワーク IPv6 アドレス割り当て
    共通グローバル 不可
    共通プライベート 不可
    プライベートLAN 可能
  • プライベートLAN 上での IPv6 アドレス割り当ては、以下のいずれかの方法で実施いただく必要がございます。
    • お客様側でご用意いただいた IPv6 の IP アドレスを OS 上で割り当てる。
    • SLAAC (Stateless Address Auto Configuration)でサーバーにIPv6のIPアドレスを割り当てる。
    • お客様側でプライベートLAN 上に構築いただいた DHCPv6 サーバーを利用して DHCPv6 で割り当てる。
  • IPv6を割り当てたサーバーにニフクラ ファイアウォールを設定する場合、ICMPv6-all を許可する必要があります。
  • お客様がDHCPv6サーバーを構築する場合、ニフクラ ファイアウォールにて、UDP 547を許可する必要があります。
  • ニフクラのルーターで提供されている DHCP 機能はIPv6アドレスの払い出しに対応していないため、DHCP 機能によりIPv6アドレスの割り当てはできません。
  • 共通グローバルのNICへ IPv6アドレスを割り当てることができないため、ニフクラのサーバーは共通グローバルネットワークを介したIPv6通信を直接実施できません。
  • ニフクラの「ロードバランサー(L4)」には IPv6 アドレスを割り当てることが可能です。
    ロードバランサー(L4)に IPv6 アドレスを割り当て、当該ロードバランサー配下にサーバーを設置することで、外部から IPv6 アドレスを使用してサーバーと通信することが可能になります。
    IPv6 アドレスでの通信が必要である場合は、ロードバランサー(L4)の利用をご検討ください。
    ニフクラ ロードバランサー(L4)

共通ネットワークについて

ニフクラの共通グローバルネットワーク/共通プライベートネットワークについての仕様についてはクラウド技術仕様/制限値(ネットワーク:共通ネットワーク)を参照してください。

注意事項
環境について
  • お客様任意のIPを設定するには、プライベートLAN上で実施してください。共通ネットワークでは弊社割り当てIPのみ利用可能です。
DNS逆引き設定について
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2024年5月23日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上