本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>RDB>技術仕様/制限値

ニフクラ RDB

ニフクラ RDBの仕様を紹介いたします。
スタンドアローンのDBサーバーから、2台の冗長化構成に変更したりリードレプリカを追加したりもできるので、ビジネスに合わせた柔軟なスケールアウトが可能です。

機能一覧

DBサーバー ニフクラ上で動作するデータベースサーバーで、ニフクラRDBの最も基本的な構成要素です。
DBスナップショット DBサーバーからスナップショット作成し、後から新たにDBサーバーを作成することができます。
DBパラメーターグループ DBエンジンに関する設定の管理を行うことができます。
DBファイアウォール DBサーバーへのアクセスを制御することができます。
モニタリング DBサーバーのリソース監視が行うことができます。
イベント ニフクラ RDBの各機能に起こったさまざまなイベントを閲覧することができます。
イベント通知 ニフクラ RDBの各機能に起こったさまざまなイベントを、指定したメールアドレスにメール通知することができます。

注意事項

  • RDBの各機能に起こったイベントは、デフォルトではメール通知されません。お客様ご自身で必要なイベント通知をご設定ください。
    イベント通知の仕様は下記ページをご覧ください。
    技術仕様:RDB:イベント通知


  1. ニフクラRDBにはリストア機能がございます。
    しかし、ユーザーは、ニフクラRDBの利用にかかわらず、ユーザー又は第三者のプログラムやデータ(以下「データ等」といいます。)のバックアップを行う義務を負うものとします。また、当社は、ユーザーに対し、ニフクラRDBのリストア機能によりデータ等の復旧を行うことに関する何らの保証も行うものではありません。当社は、ユーザーに対し、ニフクラRDBの利用に伴い、データ等の消失若しくは破損等が生じた場合であっても、その理由の如何を問わず一切の責任を負いません。
  2. ユーザーは、ニフクラ RDB を利用するにあたって、以下の注意事項を遵守するものとします。
    ユーザーが以下の注意事項に違反したと当社が判断した場合は、当社は、当該ユーザーによるニフクラ RDBその他のニフクラの利用を一時的に制限することができるものとします。
    当該利用制限により、当該ユーザーがニフクラ RDBその他のニフクラの利用ができず、これにより損害が発生したとしても、当社は一切責任を負いません。
    • メモリ・CPU・ディスク使用量の監視は、お客様にてお願いいたします。
    • ディスク利用量の限界に達しそうになった場合、ディスクの増設を行ってください。ディスク・CPU・メモリのキャパシティプランニングは、余裕をもって行ってください。
    • 1DBサーバーにつき1000個以上のテーブルを作成しないでください。大量のテーブルを作成してしまうと、DBのデータが壊れた際のリカバリー時間が非常に長くなってしまう可能性があります。
    • 冗長化機能利用時のフェイルオーバー・週次メンテナンス時の瞬断・DBパラメーターグループ適用時の瞬断は、本番環境での運用前に事前テストを行ってください。
  3. ユーザーは、ニフクラRDBを利用するにあたって設定したパラメーターグループやデータベースのデータの管理について責任を有しています。
    • ユーザーは、ニフクラRDBが提供するDBエンジンアップグレード等の機能を用いて、データベースのアップグレードを行うことで、セキュリティリスクを低減し、予期せぬ不具合を防止します。
      バージョン間の互換性については、ご自身でのご確認とご検証をお願いいたします。
      技術仕様:RDB:DBエンジンアップグレード
    • ユーザーは、ニフクラRDBが提供する基盤アップグレード等の機能を用いてアップグレードを行うことで、セキュリティリスクを低減し、予期せぬ不具合を防止します。
      ニフクラRDBのDBサーバーについては、セキュリティリスク低減・予期せぬ不具合防止を目的とする、定期的な基盤アップグレードが必要となります。
      技術仕様:RDB:基盤アップグレード
      基盤アップグレードの要否は、RDBのDBサーバーの詳細画面の「基盤アップグレードステータス」をご確認ください。
      ヘルプ:DBサーバーの詳細
管理用ユーザーについて
  • DBサーバーのマスターユーザーを削除すると、動作に不具合が出る場合がありますのでご注意ください。
  • マスターユーザーの権限を誤って削除した場合やマスターユーザー自体を削除した場合は、マスターユーザーのパスワードを再設定することで復元できます。
  • 管理用のユーザー(rdbadmin、rdbrepladmin)について、設定変更(パスワード変更も含みます)およびユーザー削除した場合には、動作に深刻な不具合が出る場合がありますので削除を行わないようご注意ください。なお、マスターユーザーの名前に“root”を指定することはできません。
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2024年2月16日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上