本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>DevOps>技術仕様/制限値

ニフクラ DevOps with GitLab

ニフクラ DevOps with GitLabの仕様を紹介いたします。

仕様一覧

DevOpsサーバー GitLabサーバーの構築・管理ができます。
ファイアウォール ファイアウォールを利用すれば、DevOpsサーバーへのアクセスを制御できます。
DevOpsサーバーアップグレード DevOpsサーバーのGitLabバージョンのアップグレードができます。
制限値 ニフクラ DevOps with GitLabにおける制限について記載しています。
パラメーター DevOpsサーバーをカスタマイズすることができます。
バックアップリストア GitlabのバックアップからGitlabを復元できます。
プライベートLAN DevOpsサーバーをプライベートLANに接続させることができます。
Runner GitLab Runnerの構築・管理ができます。
Runner登録 GitLab Runnerの各GitLabインスタンスへの登録状況の確認ができます。
Runnerアップグレード RunnerのGitLab Runnerバージョンのアップグレードができます。
Runnerパラメーター Runner登録のパラメーターの更新ができます。

注意事項

  • DevOps with GitLabは、ニフクラが提供するエンジニアリングパーツの一部であり、GitLabアプリケーションの各種パラメーターの意味、基本的な操作などについての内容のサポートは行っておりません。
  • お客様のGitLab EE(Enterprise Edition)有償ライセンスをDevOpsサーバーに適用することは可能ですが、その場合のGitLabアプリケーションのサポートについてはGitLab EE有償ライセンス購入元にご確認ください。
  • 新機能提供やセキュリティ向上のためGitLabバージョンのアップグレードが定期的に行われます。詳細はアップグレードポリシーをご確認ください。
  • DevOpsサーバーまたはRunnerの予定されていたアップグレードが予期せぬ理由等で正常に完了しなかった場合、サービス維持のため弊社の判断でアップグレード処理等を行わせていただく場合があります。アップグレードの際には対象リソースの停止が発生します。
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2024年2月16日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上