本文へジャンプします。

【重要なお知らせ】サービス統合に基づくサービス名称の読み替えのお願い(2024年4月1日)

2024年4月1日をもって、「ニフクラ」は、「FJcloud-V」に統合し、名称を変更しました。
当サイトのアドレス(ドメイン名)に含まれる「nifcloud.com」は現時点では変更はございませんが、
各ページに記載の「ニフクラ」「NIFCLOUD」「nifcloud」は、「FJcloud-V」に読み替えていただきますようお願いいたします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>コンピューティング>技術仕様/制限値>Microsoftライセンスに関するよくある質問

Microsoftライセンスに関するよくある質問

Microsoftライセンスに関するよくある質問についてまとめています。
このドキュメントは、お客様の便宜を図るためのガイドとしてのみ提供しており、ライセンスに関する質問につきましては必要に応じてMicrosoft社に問い合わせいただく必要がございます。

Windows Server

ニフクラで利用していたWindows Serverを他社クラウドや自社のオンプレミス環境にエクスポートできますか?

ニフクラはサーバーのエクスポート機能を提供しておりません。

バックアップソフト等によりお客様責任のもと実施される場合においては、以下の通りとなります。

  • お客様自身が購入したWindows ServerをニフクラのVMインポート等で配備したサーバーの場合、エクスポートは可となります。
  • ニフクラが提供するイメージ(スタンダードイメージ、パブリックイメージ)から作成したサーバーの場合、エクスポートは不可となります。

SQL Server

SQL Serverを含んだニフクライメージからサーバーを作成した場合、別途ライセンスを購入する必要はありますか?

SQL Serverのライセンス費用が含まれておりますので、別途ライセンスを購入する必要はありません。

SQL Serverライセンスの持ち込みは可能でしょうか?

はい、可能です。
お客様が有効なソフトウェア・アシュアラインス(SA権)付きのライセンスをお持ちで、ライセンスモビリティの手続きが完了していることが条件となります。
持ち込み後もお客様自身のライセンスとして管理する責任がありますので、取り扱いはご注意いただきますようお願いいたします。

SQL Serverのインスタンス名の変更、名前付きインスタンスの追加を行うにはどのようにすればよいでしょうか?

弊社が提供しているWindows ServerへSQL Serverを持ち込むことで対応することができます。

ニフクラで提供外のSQL Serverのバージョンやエディションを利用するにはどのようにすればよいでしょうか?

質問「SQL Serverライセンスの持ち込みは可能でしょうか?」をご参照ください。

Microsoft Office

Microsoft Officeライセンスの持ち込みは可能でしょうか?

ライセンスモビリティとしての持ち込みはできません。詳細はMicrosoftから公開している最新の製品条項(PT)をご確認ください。
お客様自身がSPLA契約をお持ちで、データセンタープロバイダー(DCP)としてニフクラのWindows Serverを利用する場合は、お客様のライセンスが利用可能です。詳細はMicrosoftから公開している最新のサービスプロバイダー製品使用権説明書(SPUR)をご確認ください。

RDS

RDSライセンスの持ち込みは可能でしょうか?

ライセンスモビリティとしての持ち込みはUser CALにおいて可能です。
お客様が有効なソフトウェア・アシュアラインス(SA権)付きのライセンスをお持ちで、ライセンスモビリティの手続きが完了していることが条件となります。詳細はMicrosoftから公開している最新の製品条項(PT)をご確認ください。
お客様自身がSPLA契約をお持ちで、データセンタープロバイダー(DCP)としてニフクラのWindows Serverを利用する場合は、お客様のライセンス(SAL)が利用可能です。詳細はMicrosoftから公開している最新のサービスプロバイダー製品使用権説明書(SPUR)をご確認ください。

利用ライセンス数の申請について、先月とRDSの総利用者数が同じ場合に申請は必要でしょうか?

一度ライセンス数をご申請されると翌月以降もその数は引き継がれるため、先月とRDSの総利用者数が同じ場合、申請は不要です。

サーバー全体のバックアップとリストア時のご注意事項

Microsoft製品(Windows Serverなど)入りの仮想サーバーを利用中で、バックアップソフト等でバックアップを取得している仮想サーバーと異なる別の仮想サーバーを復元先とする場合、バージョンは同一である必要はありますか?

バックアップを取得しているサーバーと異なるバージョンで問題ございません。ただし、ニフクラでは、仮想サーバーの作成元となったイメージに予めインストールされているMicrosoft製品に基づき、ご利用製品・バージョン・ご利用ライセンス料金が決定されますので、コントロールパネル等から対象の仮想サーバーのOS名を確認しますと、復元先の仮想サーバーのOS名表記のままとなります。
自動的にバージョンの書き換えは行われませんので、復元後の仮想サーバーがどのバージョンをご利用かは、お客様自身で管理いただきますようお願いいたします。

ご利用製品・バージョン・ご利用ライセンス料金もバックアップ元の仮想サーバーに合わせて、自動的に書き換えは行われませんので、同じ作成元のイメージから作成した仮想サーバー、または同じ製品の組み合わせのイメージから作成した仮想サーバーを復元先としていただく必要があります。
誤って異なる製品の組み合わせの仮想サーバーを復元先としますと、正しくライセンス数が判定されず、不適切な製品利用(ライセンス利用)となりますのでご注意ください。

〈例〉
・正しい例_1
バックアップ取得対象の仮想サーバーの作成元となったイメージ:  Windows Server Standard Edition + リモートデスクトップ接続(RDS) + Office Standard
復元先の仮想サーバーの作成元となったイメージ:  Windows Server Standard Edition + リモートデスクトップ接続(RDS) + Office Standard

・正しい例_2
バックアップ取得対象の仮想サーバーの作成元となったイメージ:  Windows Server 2019 Standard Edition(64bit)
復元先の仮想サーバーの作成元となったイメージ:  Windows Server 2022 Datacenter Edition(64bit)
 ※ニフクラでは、Windows Serverのエディションの違いはライセンス利用料金に違いは生じませんので問題有りません

・誤った例_1
バックアップ取得対象の仮想サーバーの作成元となったイメージ:  Windows Server Standard Edition + リモートデスクトップ接続(RDS) + Office Standard
復元先の仮想サーバーの作成元となったイメージ:  Windows Server Standard Edition

・誤った例_2
バックアップ取得対象の仮想サーバーの作成元となったイメージ:  Windows Server Standard Edition + Microsoft SQL Server Standard Edition
復元先の仮想サーバーの作成元となったイメージ:  Windows Server Standard Edition

・誤った例_3
バックアップ取得対象の仮想サーバーの作成元となったイメージ:  Windows Server Standard Edition + Microsoft SQL Server Standard Edition
復元先の仮想サーバーの作成元となったイメージ:  Windows Server Standard Edition + Microsoft SQL Server Enterprise Edition

ニフクラ サイト内検索

技術仕様/制限値メニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2024年7月18日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上