本文へジャンプします。

【重要なお知らせ】サービス統合に基づくサービス名称の読み替えのお願い(2024年4月1日)

2024年4月1日をもって、「ニフクラ」は、「FJcloud-V」に統合し、名称を変更しました。
当サイトのアドレス(ドメイン名)に含まれる「nifcloud.com」は現時点では変更はございませんが、
各ページに記載の「ニフクラ」「NIFCLOUD」「nifcloud」は、「FJcloud-V」に読み替えていただきますようお願いいたします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>Liveマイグレーション>技術仕様/制限値>Liveマイグレーション:チェックツール

ニフクラ Liveマイグレーション:チェックツール

ニフクラへ仮想マシンを移行可能か確認するツールです。チェックツールの利用は2つのケースとなります。

  • 移行元環境のvSphereに対し実行
  • ニフクラへの移行時にマイグレーションHubに対し実行

移行元環境のvSphereに対して実行する場合には、マイグレーションパートナーにご相談ください。

機能

マイグレーションHub上のVMへチェックツール実行

VMware HCXで移行されたマイグレーションHub上のVMに対してチェックツールを実行します。

  • 実行結果はイベントログから確認が可能です。
  • チェックツールでエラーとなった場合、マイグレーションHubからニフクラへマイグレーションが実行できません。
  • エラーとなった場合、VMware HCXのReverse migrationで移行元環境にVMを戻し、エラーとなった原因を修正する必要があります。
  • 移行前には必ず移行元環境のvSphereに対し、チェックツールを実行しエラーが無いことを確認してください。
チェックツールの実行結果データの入力

チェックツールの実行結果データにはチェックツールの実行結果ファイルに対し、お客様にて以下の項目に入力が必要となります。

入力項目 説明
nifcloud_id お申込みのニフクラ IDを入力します。
入力値が空の場合やご利用ニフクラID以外を指定した場合に、エラーとなります。
zone 移行先のゾーンを入力します。
入力値が空の場合やマイグレーションHubのご利用以外のゾーンを指定した場合に、エラーとなります。
targets.vms[].accounting_type VMの課金タイプを指定します。
入力値がからの場合や値が不正の場合に、エラーとなります。
・monthly
・hourly
targets.vms[].instance_type サーバータイプを指定します。
入力値が空の場合やType-h2(h2-smallからh2-triple-large64まで)以外の値、マイグレーションを行うVMのスペック以下の値を指定した場合、エラーとなります。
入力値はinstanceTypeを参照してください。
targets.vms[].disks[].accounting_type 増設ディスクの課金タイプを指定します。
入力値が空の場合や値が不正の場合に、エラーとなります。
・monthly
・hourly
targets.vms[].disks[].type 増設ディスクのタイプを指定します。
入力値が空の場合やゾーンで対応していないディスクタイプを指定した場合、エラーとなります。
・standard-storage
・high-speed-storage-a
・high-speed-storage-b
・flash-storage
・standard-flash-storage-a
・standard-flash-storage-b
・high-speed-flash-storage-a
・high-speed-flash-storage-b
targets.vms[].networks[].private_lan VMの1本目のvNICに接続するプライベートLANを指定します。
1本目のvNICのprivate_lanが空、または1本目のvNICのadditional_nicに入力値がある場合や存在しないプライベートLANを指定した場合、エラーとなります。1本目のvNICにはprivate_lanにのみ値を入力する必要があります。
targets.vms[].networks[].additional_nic VMの2本目以降のvNICに接続する追加NICを指定します。
2本目以降のvNICのadditional_nicが空、または2本目以降のvNICのprivate_lanに入力値がある場合や存在しない追加NICを指定した場合、エラーとなります。2本目以降のvNICにはadditional_nicにのみ値を入力する必要があります。

チェックツールのチェック項目

チェックツールのチェック項目は以下となります。

version 1.0.2
チェック項目 影響 解決方法
仮想マシンの名前に利用されている文字を確認します 移行不可 仮想マシン名には ^[a-zA-Z0-9]{1,15}$ の正規表現にマッチするようにしてください
仮想ハードウェアバージョンを確認します 移行不可 仮想ハードウェアバージョンは vmx-07, vmx-08, vmx-09, vmx-10, vmx-11, vmx-13, vmx-14, vmx-15, vmx-17, vmx-18 のいずれかに変更してください
VMware Tools もしくは open-vm-tools がインストールされているか確認します ニフクラの一部機能が正常に利用できない可能性があります。バルク切替の場合、インストールが必須要件となります VMware Tools もしくは open-vm-tools をインストールしてください
VMmware Tools もしくは open-vm-toolsのバージョンを確認します ニフクラの一部機能が正常に利用できない可能性があります。ゲストOS内で vmware-toolbox-cmd -v コマンドを実行し、バージョンが10.2.0以上であることを確認してください VMware Tools もしくは open-vm-tools のバージョンを10.2.0以上にアップグレードしてください
vCPU数を確認します 移行不可 ニフクラのサーバータイプにあわせてください
VMのメモリサイズを確認します 移行不可 ニフクラのサーバータイプにあわせてください
VMが稼働しているホストのCPU世代を確認します 移行不可 VMが稼働しているESXiのCPU世代を intel-merom, intel-penryn, intel-nehalem, intel-westmere, intel-sandybridge, intel-ivybridge, intel-haswell, intel-broadwell のいずれかにします
許可されてないデバイスの有無を確認します 移行不可 許可されていないデバイスを削除してください
ディスクの本数を確認します 移行不可 ディスクの本数を 15 以下にしてください
1本目のディスクサイズを確認します 移行不可 1本目のディスクは 2147483648000 バイト以内におさめてください
2本目以降のディスクサイズがニフクラの提供可能サイズ以内であることを確認します 移行不可 2本目以降のディスクサイズは 1ディスクあたり 2147483648000 バイト以内に収めてください
2本目以降のディスクサイズがニフクラのリソースに影響を与えないサイズ以内であることを確認します ニフクラのリソースを確認してください 2本目以降のディスクに 1073741824000 バイト以上のディスクがあります
1VMの合計ディスクサイズがニフクラの提供可能サイズ以内であることを確認します 移行不可 1VMの合計ディスクサイズは 10737418240000 バイト以内に収めてください
SCSIControllerとディスクの関連付けを確認します 移行不可 SCSIControllerを1本にし、ディスクを紐付けてください
ネットワークアダプタの数を確認します 移行不可 ネットワークアダプタの数を 8 本以下にしてください
各ネットワークアダプタの起動時の接続設定を確認します 移行不可 各ネットワークアダプタを起動時に接続するようにしてください
各ネットワークアダプタの接続状態を確認します 移行不可 起動中の仮想マシンの各ネットワークアダプタは接続状態にしてください
DirectPath I/O の設定を確認します 設定値はニフクラサービス仕様に沿って変更されます 各ネットワークアダプタのDirectPath I/O を無効にします
各ネットワークアダプタに紐づくシェア値を確認します シェア値はニフクラサービス仕様に沿って変更されます 各ネットワークアダプタに紐づくシェアをnormalにします
各ネットワークアダプタに紐づく予約値を確認します 予約値はニフクラサービス仕様に沿って変更されます 各ネットワークアダプタに紐づく予約値を0にします
各ネットワークアダプタに紐づく制限を確認します 制限はニフクラサービス仕様に沿って変更されます 各ネットワークアダプタに紐づく制限をなしにします
各ネットワークアダプタのMACアドレスを確認します ニフクラ内の他仮想マシンとMACアドレスの重複がないか確認を行います 重複が確認された場合、該当ネットワークアダプタの再作成をお願いします
SCSIコントローラーの種類を確認します 移行不可 SCSIコントローラーを VirtualLsiLogicSASController, VirtualLsiLogicController, ParaVirtualSCSIController に変更してください
CDドライブの数を確認します 移行不可 CDドライブの数を 1 にします
再仮想化の設定を確認します 移行不可 再仮想化を無効にしてください
vAppオプションの値を確認します 移行不可 vAppオプションを削除してください
ESXiのバージョンを確認します 移行不可 ESXiバージョンは 6.5.0, 6.7.0, 7.0.0, 7.0.1, 7.0.2 のいずれかである必要があります
vCPUのホットプラグ設定を確認します ニフクラの一部機能が正常に利用できない可能性があります vCPUホットプラグ設定を無効にしてください
CPUの予約値を確認します CPUの予約値はニフクラサービス仕様に沿って変更されます CPUの予約値を0にします
CPUの制限を確認します CPUの制限はニフクラサービス仕様に沿って変更されます CPUの制限を無しにします
CPUのシェア値を確認します CPUのシェア値はニフクラサービス仕様に沿って変更されます CPUのシェアを標準にします
メモリのホットプラグ設定を確認します ニフクラの一部機能が正常に利用できない可能性があります メモリホットプラグ設定を無効にしてください
メモリの予約値を確認します 移行不可 メモリの予約値を0にします
メモリの制限を確認します 移行不可 メモリの制限を無しにします
メモリのシェア値を確認します 移行不可 メモリのシェア値を標準にします
各ディスクのシェア値を確認します 各ディスクのシェア値はニフクラサービス仕様に沿って変更されます 各ディスクのシェア値を標準にします
各ディスクの制限を確認します 各ディスクの制限値はニフクラサービス仕様に沿って変更されます 各ディスクの制限をなしにします
各ディスクの仮想 Flash Read Cacheを確認します 各ディスクの仮想 Flash Read Cacheはニフクラサービス仕様に沿って変更されます 仮想 Flash Read Cacheを0MBにします
vMotionの暗号化設定を確認します 移行不可 無効,任意のいずれかに変更してください
ディスクモードを確認します 移行不可 ディスクモードを依存型に設定してください
PS2コントローラーの有無を確認します コンソール機能が正しく使えない可能性があります PS2 コントローラーデバイスを接続します
キーボードの有無を確認します コンソール機能が正しく使えない可能性があります キーボードを接続します
ポインティングデバイスの有無を確認します コンソール機能が正しく使えない可能性があります ポインティングデバイスを接続します
ビデオカードの数を確認します 移行不可 ビデオカードの本数を1にします
ディスプレイの数を確認します 移行不可 ディスプレイの数を1にします
ビデオメモリの合計を確認します 移行不可 ビデオメモリの合計を 131072 以下にします
3Dグラフィックスの設定を確認します 移行不可 3Dサポートを無効にしてください
3D メモリのサイズを確認します 移行不可 3D メモリのサイズを 262144 以下に設定してください
3D レンダラの設定を確認します 移行不可 3D レンダラを automatic に設定してください
パワーオフ操作の設定を確認します 移行不可 パワーオフ操作をゲストのシャットダウンに変更してください
リセット操作の設定を確認します 移行不可 リセット操作をゲストの再起動に変更してください
VMware Toolsのアップデート設定を確認します ニフクラ推奨値と異なります パワーオン前に毎回VMware Toolsをチェックしてアップデートのチェックを外します
時刻同期に関する設定を確認します ニフクラ推奨値と異なります ホストとゲスト時刻同期のチェックを外します
パワーオン後のVMware Toolsのスクリプト実行を確認します 移行不可 VMware Tools スクリプトの実行 パワーオン後 にチェックを入れます
レジューム後のVMware Toolsのスクリプト実行を確認します 移行不可 VMware Tools スクリプトの実行 レジューム後 にチェックを入れます
サスペンド前のVMware Toolsのスクリプト実行を確認します 移行不可 VMware Tools スクリプトの実行 サスペンド前 にチェックを入れます
シャットダウン前のVMware Toolsのスクリプト実行を確認します 移行不可 VMware Tools スクリプトの実行 ゲストをシャットダウンする前 にチェックを入れます
起動遅延時間を確認します ニフクラのサービス仕様に沿って設定が変更されます 起動遅延時間を0ミリ秒にします
BIOSセットアップ画面に入るか確認します ニフクラのサービス仕様に沿って設定が変更されます 強制的にBIOSをセットアップ の 次回起動時に、強制的にBIOSセットアップ画面に入る からチェックを外します
失敗した起動のリカバリの設定を確認します ニフクラのサービス仕様に沿って設定が変更されます 失敗した起動のリカバリからチェックを外します
ファイバチャネルNPIVが無効になっているか確認します 移行不可 ファイバチャネルの仮想WWN この仮想マシンのNPIVを一時的に無効にする にチェックを入れます
遅延感度の設定を確認します ニフクラのサービス仕様に沿って設定が変更されます 遅延感度を標準にします
ログの有効化を確認します 移行不可 仮想マシンオプション 詳細のログの有効化にチェックを入れます
アクセラレーション機能の無効化を確認します 移行不可 仮想マシンオプション 詳細のアクセラレーション機能の無効化からチェックを外します
デバッグと統計を確認します 移行不可 仮想マシンオプション 詳細の デバッグと統計 を 正常に実行 に変更してください
スワップファイルの場所を確認します 移行不可 仮想マシンオプション 詳細の スワップファイルの場所をデフォルトに変更してください
ゲストOSの種類を確認します ゲストOSによって費用が変わります ゲストOSのライセンスを確認し、料金の確認と必要な手続きを行います 機能・サービス:Liveマイグレーション
接続されている仮想スイッチを確認します 標準仮想スイッチのネットワークは延伸不可となります 移行するVMは分散仮想スイッチに接続してください
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2024年7月18日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上