本文へジャンプします。

【重要なお知らせ】サービス統合に基づくサービス名称の読み替えのお願い(2024年4月1日)

2024年4月1日をもって、「ニフクラ」は、「FJcloud-V」に統合し、名称を変更しました。
当サイトのアドレス(ドメイン名)に含まれる「nifcloud.com」は現時点では変更はございませんが、
各ページに記載の「ニフクラ」「NIFCLOUD」「nifcloud」は、「FJcloud-V」に読み替えていただきますようお願いいたします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>DevOps>操作方法ガイド>DevOpsサーバーのリストア

ニフクラ DevOps with GitLab:DevOpsサーバーのリストア

DevOpsサーバーをリストアします。バックアップファイルの操作から「バックアップファイルからDevOpsサーバー作成」をクリックすると作成画面が表示されます。

バックアップファイルからDevOpsサーバー作成

基本設定

リストア元DevOpsサーバーでオブジェクトストレージサービスを利用していた場合は、事前にリストア元DevOpsサーバーで利用していたオブジェクトストレージサービス内のデーターをコピーしておく必要があります。
バケット間のオブジェクトコピー手順についてはユーザーガイド オブジェクトストレージサービスにおけるバケット間のオブジェクトコピー手順を参照してください。

DevOpsサーバーの基本設定

項目名 説明
DevOpsサーバー名 DevOpsサーバーの名前を設定します。半角英数小文字と - (ハイフン)を30文字以内で設定できます。先頭と末尾に - (ハイフン)は使用できません。同一リージョン内でお客様ご自身およびほかのお客様がすでに使用している名前も使用できません。これらの制約は、DevOpsサーバー名がサブドメイン名としても使われるためです。また、 registry-xn-- で始まる名前は設定できません。
ゾーン DevOpsサーバーを構築するゾーンを選択します。
サーバータイプ DevOpsサーバーのサーバータイプを選択します。
ファイアウォールグループ DevOpsサーバーのファイアウォールグループを選択します。
パラメーターグループ DevOpsサーバーのパラメーターグループを選択します。
ディスク容量 DevOpsサーバーのディスク容量を選択します。
プライベートLAN DevOpsサーバーに接続するプライベートLANを選択します。
プライベートIPアドレス DevOpsサーバーのプライベートIPアドレスを入力します。
オブジェクトストレージサービス DevOpsサーバーのオブジェクトストレージサービスの使用可否を設定します。
オブジェクトストレージサービスアカウント名 DevOpsサーバーのGitLabが使用するオブジェクトストレージサービスのアカウントを設定します。
オブジェクトストレージサービスリージョン DevOpsサーバーのGitLabが使用するオブジェクトストレージサービスのリージョンを設定します。
GitLabオブジェクト オブジェクトストレージサービスを使用するGitLabオブジェクト名を指定します。
バケット名 GitLabオブジェクトの格納先に使用するオブジェクトストレージサービスのバケット名を設定します。
メモ DevOpsサーバーのメモを設定します。メモは任意の文字を設定できるので、利用用途やプロジェクト名などの情報を設定しておくことで便利に利用できます。全半角255文字以内で設定できます。

リストア後のDevOpsサーバーへのログインはバックアップを取得したDevOpsサーバーのパスワードでログインします。リストア時にrootユーザーの初期パスワードは指定できません。

確認

設定した項目が表示されるので、確認したうえでDevOpsサーバーを作成してください。

ニフクラ サイト内検索

操作方法ガイド

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2024年6月12日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上