本文へジャンプします。

【重要なお知らせ】サービス統合に基づくサービス名称の読み替えのお願い(2024年4月1日)

2024年4月1日をもって、「ニフクラ」は、「FJcloud-V」に統合し、名称を変更しました。
当サイトのアドレス(ドメイン名)に含まれる「nifcloud.com」は現時点では変更はございませんが、
各ページに記載の「ニフクラ」「NIFCLOUD」「nifcloud」は、「FJcloud-V」に読み替えていただきますようお願いいたします。

ニフクラ ユーザーガイド

Appendix

L7ロードバランサー(Ivanti Virtual Traffic Manager)を利用する際のAppendixを記載します。

ご利用にあたって

使用できる帯域の計算方法

ロードバランサーの帯域プランと1セッションあたりのクライアントのデータサイズから以下の計算式で算出できます。ご参考にしてください。

同時接続上限値 = (帯域[Mbps] ÷ 8[1byte=8bit]) ÷ (1セッションあたりのサイズ[KB] ÷ 1024(KB))

サポートサイト

アカウント取得

サポートサイトのアカウント取得方法を以下に記載します。

  1. ログインページ へアクセスしてください。

  2. ダイアログの「こちらよりお問い合わせください」の「こちら」をクリックしてください。

  3. お問い合わせ画面のアンケートにご記入ください。
    記入例:

    ①お問い合わせ内容:その他
    ②興味のある製品:Ivanti Virtual Traffic Manager
    ③会社名
    ④部署名
    ⑤氏名
    ⑥メールアドレス
    ⑦ご連絡先
    ⑧お問い合わせ内容:ニフクラ利用者
       サポートサイトを利用するためのID/PW希望
  4. 個人情報取り扱いへの同意にチェックを入れてください。

  5. 「確認画面へ」ボタンをクリックしてください。

  6. ベンダーからのID/PWのご連絡をお待ちください。

パスワードリセット

ベンダーのサポートサイトログイン時のパスワードリセット方法を以下に記載します。

  1. ログインページ へアクセスしてください。

  2. ダイアログの「こちらよりお問い合わせください」の「こちら」をクリックしてください。

  3. お問い合わせ画面のアンケートにご記入ください。
    記入例:

    ①お問い合わせ内容:その他
    ②興味のある製品:Ivanti Virtual Traffic Manager
    ③会社名
    ④部署名
    ⑤氏名
    ⑥メールアドレス
    ⑦ご連絡先
    ⑧お問い合わせ内容:ニフクラ利用者。以下IDのパスワードをリセット願います。
       【パスワードをリセットするIDを記載】
  4. 個人情報取り扱いへの同意にチェックを入れてください。

  5. 「確認画面へ」ボタンをクリックしてください。

  6. ベンダーからのご連絡をお待ちください。

機能

ロールバック機能利用時
  • ロールバックのために古いバージョンを保管するには十分なディスクの空き領域が必要となります。
    通常、使用率が80%以下の状態でアップグレードを実施しますと古いバージョンがロールバック用に保管されます。
  • ロールバック実施後は再起動を実施してください。
フェイルオーバー時のセッション維持

フェイルオーバーが発生するとセッションおよび、通信は切断されます。
ただし、Session Persistenceが設定されている場合は、保持されているセッション維持情報により、同じサーバーに振り分けされます。

Session Persistenceの設定はセットアップ手順書に掲載されております。
セットアップ手順書は、NetWave社のサイト より入手してください。

冗長構成時のメンテナンス

本製品を冗長化(アクティブ/スタンバイの構成)している状態で、再起動を伴うメンテナンス作業を実施したい場合、サービス影響を最小限に抑えることが期待できる方法をご紹介します。
※VTMの稼働状況や設定内容にも依存するため、以下の手順を実施すれば、必ずサービス影響が最小限に抑えられる訳ではございません。

  1. スタンバイ側のVTMを停止させます。
  2. 設定変更(スペックアップなど)を実施します。
  3. 停止していたVTMを起動します。
  4. スタンバイ機起動後、アクティブとスタンバイが同期するまで少なくとも10分程度はそのままの状態にしてください。
  5. 手動でフェイルオーバーして、スタンバイとアクティブを入れ替えます。
  6. アクティブ→スタンバイになったVTMを停止状態にします
  7. スタンバイになった(元アクティブ)VTMの設定変更を行います。
  8. 設定変更後、スタンバイ(元アクティブ)のVTMを起動します。
  9. スタンバイ機起動後、アクティブとスタンバイが同期するまで少なくとも10分程度はそのままの状態にしてください。
    その後、スタンバイとアクティブを手動でフェイルオーバーして入れ替えます。
    ※アクティブ/スタンバイステータスの状態を、作業前の状態と同様にしたい場合のみを想定しています。

サーバー

L7ロードバランサー(Ivanti Virtual Traffic Manager)を構成するサーバーについてのAppendixを記載します。

カーネルアップデート
スペックアップ
  • 通常のサーバー同様にスペックアップが可能です。スペックアップにあたって設定変更は不要です。

ニフクラ サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2024年6月12日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上