本文へジャンプします。

【重要なお知らせ】サービス統合に基づくサービス名称の読み替えのお願い(2024年4月1日)

2024年4月1日をもって、「ニフクラ」は、「FJcloud-V」に統合し、名称を変更しました。
「ニフクラ」「NIFCLOUD」「nifcloud」は、「FJcloud-V」に読み替えていただきますようお願いいたします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>監視>ユーザーガイド>基本監視・パフォーマンスチャート・オートスケールのご利用設定

基本監視・パフォーマンスチャート・オートスケールのご利用設定

基本監視・パフォーマンスチャート・オートスケールの機能でping監視をご利用いただくには、対象サーバーに対して、iptablesの利用設定およびアクセス許可設定が必要となります。
※リソース情報取得についての詳しい仕様は、以下をご覧ください。

Linux系サーバー(Cent OS、Red Hat)設定手順

iptablesご利用の場合、サーバーにログインして、以下の設定を行ってください。

  1. ping監視をする場合

    1. 下記の設定を入れてください。

      -A INPUT -s 202.248.175.141 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 111.171.220.13 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 175.184.32.13 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 175.184.41.60 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 202.248.45.254 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 10.102.0.31 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 175.184.41.114 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 175.184.41.115 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 10.104.0.31 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 103.233.199.104 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 103.233.199.105 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 67.214.154.198 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 10.102.128.21 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 10.130.0.21 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 116.118.235.16 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 116.118.235.17 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 157.112.104.8 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 157.112.104.9 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 125.1.78.68 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 125.1.78.69 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 125.1.78.70 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 125.1.78.71 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 222.158.244.40 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 222.158.244.41 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 222.158.244.42 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
      -A INPUT -s 220.209.51.18 -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT k
    2. 下記の行はコメントアウトしてください。

      -A RH-Firewall-1-INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
  2. iptables の再起動

    service iptables restart
  3. 設定確認
    監視が開始されたことを確認します。

    • iptablesの設定の約20分後、パフォーマンスチャートの描写が開始されたことをご確認ください。
    • リソース使用状況のチャートが表示されましたら設定完了です。
    • チャートの表示が出ない、チャートの数値が0%となっている場合は再度SNMP/iptabesの設定をご確認ください。

    ※パフォーマンスチャートの利用方法は下記のヘルプページをご覧ください。
    コントロールパネルヘルプ:監視

Linux系サーバー(Ubuntu)設定手順

  1. ping監視をする場合
    /etc/ufw/before.rules に以下の設定を記入。

    # ok icmp codes
    -A ufw-before-input -p icmp --icmp-type destination-unreachable -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -p icmp --icmp-type source-quench -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -p icmp --icmp-type time-exceeded -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -p icmp --icmp-type parameter-problem -j ACCEPT
    #-A ufw-before-input -p icmp --icmp-type echo-request -j DROP
    -A ufw-before-input -s 202.248.175.141 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 111.171.220.13 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 175.184.32.13 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 175.184.41.60 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 202.248.45.254 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 10.102.0.31 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 175.184.41.114 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 175.184.41.115 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 10.104.0.31 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 103.233.199.104 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 103.233.199.105 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 67.214.154.198 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 10.102.128.21 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 10.130.0.21 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 116.118.235.16 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 116.118.235.17 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 157.112.104.8 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 157.112.104.9 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 125.1.78.68 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 125.1.78.69 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 125.1.78.70 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 125.1.78.71 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 222.158.244.40 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 222.158.244.41 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 222.158.244.42 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT
    -A ufw-before-input -s 220.209.51.18 -p icmp --icmp-type echo-request -j ACCEPT k
    ※ -A ufw-before-input -p icmp –icmp-type echo-request -j DROPは必ずコメントアウトしてください。
  2. ufw の再起動

    service ufw restart

    ※ufwの設定反映

    ufw disable
    ufw enable
  3. 設定確認
    監視が開始されたことを確認します。

    • ufwの設定の約20分後、パフォーマンスチャートの描写が開始されたことをご確認ください。
    • リソース使用状況のチャートが表示されましたら設定完了です。
    • チャートの表示が出ない、チャートの数値が0%となっている場合は再度SNMP/iptabesの設定をご確認ください。

    ※パフォーマンスチャートの利用方法は下記のヘルプページをご覧ください。
    操作方法ガイド:監視

Windows系OS設定手順

  1. ping監視をする場合
    Windowsのファイアウォール設定を行っている場合、以下のIPアドレスからのICMPを許可するよう設定してください。

    202.248.175.141
    111.171.220.13
    175.184.32.13
    175.184.41.60
    202.248.45.254
    10.102.0.31
    175.184.41.114
    175.184.41.115
    10.104.0.31
    103.233.199.104
    103.233.199.105
    67.214.154.198
    10.102.128.21
    10.130.0.21
    116.118.235.16
    116.118.235.17
    157.112.104.8
    157.112.104.9
    125.1.78.68
    125.1.78.69
    125.1.78.70
    125.1.78.71
    222.158.244.40
    222.158.244.41
    222.158.244.42
    220.209.51.18 
  2. 設定確認
    監視が開始されたことを確認します。

    • Windowsのファイアウォール設定の約20分後、パフォーマンスチャートの描写が開始されたことをご確認ください。
    • リソース使用状況のチャートが表示されましたら設定完了です。
    • チャートの表示が出ない、チャートの数値が0%となっている場合は再度Windowsのファイアウォール設定をご確認ください。

    ※パフォーマンスチャートの利用方法は下記のヘルプページをご覧ください。
    操作方法ガイド:監視

リソース情報取得仕様(基本監視・パフォーマンスチャート・オートスケール)

PING
データ取得方法 監視 パフォーマンスチャート オートスケール
ping-c 1 グローバルIPアドレス - -
ステータス
データ取得方法 監視 パフォーマンスチャート オートスケール
VMware - -
CPU使用率
データ取得方法 監視 パフォーマンスチャート オートスケール
VMware
Linux
.1.3.6.1.4.1.2021.11.11.0
Windows
.1.3.6.1.2.1.25.3.3.1.2
メモリー使用率
データ取得方法 監視 パフォーマンスチャート オートスケール
VMware
Linux
.1.3.6.1.4.1.2021.4.5.0(memTotalReal)
.1.3.6.1.4.1.2021.4.6.0(memAvailReal)
.1.3.6.1.4.1.2021.4.14.0(memBuffer)
.1.3.6.1.4.1.2021.4.15.0(memCached)
※(memTotalReal - memAvailReal - memBuffer - memCached) /memTotalReal * 100
Windows
.1.3.6.1.2.1.25.2.3.1.3(hrStorageDescr)
.1.3.6.1.2.1.25.2.3.1.5.x(hrStorageSize)
.1.3.6.1.2.1.25.2.3.1.6.x(hrStorageUsed)
※hrStorageDescr で Physical Memory の Index を特定後、各リソースを取得
※hrStorageUsed/hrStorageSize*100
ディスク使用率

作成したサーバーのディスクが対象となります。(増設ディスクは含まれません)

データ取得方法 監視 パフォーマンスチャート オートスケール
VMware -
Linux
.1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.1
-
Windows
.1.3.6.1.2.1.25.2.3.1.3(hrStorageDescr)
.1.3.6.1.2.1.25.2.3.1.5.x(hrStorageSize)
.1.3.6.1.2.1.25.2.3.1.6.x(hrStorageUsed)
※hrStorageDescr で C: の Index を特定後、各リソースを取得
※hrStorageUsed/hrStorageSize*100
-
ネットワーク流量

単位はバイトとなり、Inbound/Outboundの合計流量の表示となります。

データ取得方法 監視 パフォーマンスチャート オートスケール
VMware -
Linux/Windows共通
・Inbound
 .1.3.6.1.2.1.2.2.1.10
・Outbound
 .1.3.6.1.2.1.2.2.1.16
上記の合計
-
※1

※2

※1:Inbound/Outboundは分けて表示
※2:Inbound/Outboundの合計値

  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2024年4月02日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上